Profile

松原智美

大阪府生まれ。
8歳よりアコーディオンに親しむ。
高校卒業後、クラシックアコーディオンを学ぶため渡仏。パリ市立音楽院を経て、ドイツ国立フォルクヴァンク芸術大学・アコーディオン科芸術家コースを修了。マックス・ボネ、御喜美江各氏に師事。在独中、カールスト音楽学校のアコーディオン講師を務める。
2010年第5回JAA国際アコーディオンコンクール(東京)第3位入賞。
2010年第9回現代音楽演奏コンクール「競楽Ⅸ」(東京)入選。

これまでに、読売日本交響楽団定期演奏会、御喜美江アコーディオンワークス2010、日本音楽コンクール作曲部門本選会、Composer Group Cue作品展vol.7、「創造の杜W.リーム生誕60年記念コンサート」、茨木新作音楽展、金沢ナイトミュージアム2014、マリインスキー歌劇場特別演奏会等、ゲストやエキストラとしての出演多数。読売日本交響楽団、東京シンフォニエッタ、アール・レスピラン、藝大フィルハーモニア、東京室内管弦楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団等と共演。

関西を中心に1年に一度自主企画のコンサートを開き、ソロ・室内楽曲の委嘱・初演、アコーディオンのための新たなレパートリーの開拓などを行いながら、精力的な演奏活動を展開している。また大阪・奈良でアコーディオン教室を主宰。主に愛好家を対象に、様々な角度からアコーディオンへの理解を深めてもらおうと「じゃばら研究会」を設立し、楽器に関するレクチャー、公開レッスン等イベントを開催している。
2018年3月、自身初のCDアルバム「in Watercolors ひとひらの水彩」WAONCD-340をリリース。