夏がやってくる

もうすぐ夏がやってきます。
こちらに来てから10年たったということで、フランスに住んでいた頃の写真を探していたら、見つけた一枚です。
日本の夏の光はかなり強烈ですが、湿気のせいなのか刺さるという感じではない気がします。
じりじりと焦げる・・・ということはありますが。

ヨーロッパの光は、本当に直線的で刺さるという言葉がぴったりです。
そして日影は真っ暗。フランスは石造りの建物が多く、どこも大体1階部分には窓がなく真っ暗なので、建物から外に出た瞬間は光の量が多すぎて、逆に何も見えない・・・ということがよくありました。

湿気が少なく、夏も短めなので日本に比べれば、ヨーロッパではかなり快適な夏を過ごせますが、近年は異常気象で猛暑になることも多く、そうなると冷房設備があまり無いこちらでは、お手上げです。

2003年の大猛暑は、2週間以上40度近い日が続き、当時小さなパリの屋根裏部屋(小さな窓が一つだけ)に住んでいた私は、冷蔵庫もぬるく、扇風機も温風が出る状態で不眠・夏バテ。
おかげで、「猛暑ダイエット」には成功しました。

コメント


認証コード7936

コメントは管理者の承認後に表示されます。