仕事人の背中

CIMG1690.JPG

最終調節中。

クロアチア旅行へ行く前日に調律のため預けておいた楽器を、先日取りにいってきました。
調律師Wolfgang Bratz氏。
元御喜門下ということもあり、調律の仕事+アコーディオンのレッスンもしていて、私たちのクラスの定期演奏会には必ず来てくれます。
写真は彼の仕事場ですが、奥には部品の数々、様々な道具に接着剤、調律待ちのアコーディオンが所狭しと置かれています。

アコーディオンの調律は大変です。
楽器の中は機械のようですから、お恥ずかしながら、私には何がなんだかわからないこともあり。
今回、私の楽器の音がだいぶ狂っていたということもあり、2週間かかりました。

常によりよい響きを求めているBratz氏。
そんな彼の頭の中には、いつもいろんなアイデアが詰まっています。
日本への帰国を1ヵ月後に控え、たぶん彼とはしばらく会えないかな・・・。
でも、きっとまた私の楽器を調律してもらう日が来るでしょう。
その日まで、Tschuss Wolfgang!

コメント


認証コード2588

コメントは管理者の承認後に表示されます。