苔に惹かれる。

20111114220936ffe.jpg

先日、所用で京都へ行ったのですが、少し足を延ばして嵐山観光もしてきました。紅葉にはまだ数週間早く、ようやく色づき始めたという感じだったので、少しがっかり。しかし、まさに行楽日和の土曜日だったその日の嵐山は、どこもかしこも人だらけ。

方向音痴の私でも地図なしで、人の流れについていけば、主要名所には辿りつけるという状態でした。
が、元来人ごみが嫌いな私・・・・知らず知らずのうちに人のいない方、いない方に歩いていました。
そしてふと観光案内図を見たら、常寂光寺まで6分の文字。
事前に見たガイドブックに載っていた常寂光寺。
行きたいけど、ちょっと遠いなぁと思っていた場所なので、そこに6分でいけるなら、と足を向けました。(実際は6分ではとてもじゃないけど着かなかったです。)

お寺に入ればそこは、紅葉の赤ではなく、苔の鮮やかな緑一色!
苔という言葉から浮かぶのは、渋く暗い緑や日陰、なんとなくじめじめした感じ・・・だったのですが、秋晴れの光の中の苔たちは本当に明るい鮮やかな緑で美しく、見事でした。
苔ってこんなに綺麗なものなんだなぁと新たな発見でした。

201111142224021f7.jpg

さて、常寂光寺も紅葉で有名ですが、苔だけでもこんなに美しいのに、これに紅葉まで加わったら、一体どんな素晴らしい景色なんだろう!と想像してみたら・・・・あぁ、やっぱり残念!

コメント


認証コード5223

コメントは管理者の承認後に表示されます。