鳥取・智頭

どまdeコンサート

昨日は、鳥取県智頭でコンサートでした。冷房のない場所でしたので、汗をだらだら流しながらの演奏でしたが、無事終了してホッとしています。
写真がいくつかありますので、ご紹介します。
まずは、会場の石谷家の大きな門の前のコンサート看板。手作り感があふれています。





会場

続いて、コンサート会場の土間がある主屋入り口。
入るとそこが土間で、高さ14mの吹き抜け!
その隅にかまどがあり、そこが舞台です。            ↓ こんな感じ。↓

ステージ
ステージ2








杉ふくろう

石谷家は地主・山林経営をしてきた家だそうで、特に杉。智頭町を囲む山林のほとんどが杉だそうです。別名「杉の町」として有名だとか。そんな智頭には「杉玉」がシンボルのように家々の軒先に吊るされているのですが、こちらはちょっと変わり種の杉ふくろう?





智頭宿

江戸時代には参勤交代で江戸へ向かう鳥取藩の最初の宿で、智頭宿として藩主の宿泊・休憩所、奉行所、制札所などが置かれた要所だとか。
ちなみに、佐用JCから鳥取道に入って智頭町で下りるまで約40kmぐらいなのですが、26本のトンネルがありました。ほとんどトンネルといっても過言ではないほど、山の中を突っ走った感じ。昔は当然そんな道はありませんので、参勤交代は鳥取から出るだけでも大変。
徒歩だしねぇ・・・なんて考えたり。




庭園
池

さて石谷家へ戻ります。敷地3000坪、部屋数40余り、7棟の土蔵という大邸宅の石谷家。当然、お庭も立派です。平成22年に県指定名勝地に指名された「石谷氏庭園」。
この日は、夜9時までライトアップされていました。





諏訪泉

日帰りでしたので、あまり見ることもできずお土産も買えず・・・でしたが!
わざわざ聴きにきてくれた生徒さんから地元の銘酒「諏訪泉」のセットと幸水梨をいただきました!
嬉しい!私がお酒好きだと、どこで知ったのでしょうか?
ありがとうございました!

コメント


認証コード8007

コメントは管理者の承認後に表示されます。