終わった〜!

1週間で3本番という怒涛の1週間が終わりました〜!
この週は大変やなぁとカレンダーを眺めているうちに、あれよあれよと月日は過ぎ、とにかくひとつずつやっていくしかない状態で、何とか全て無事に終えました。先週は札幌にいたんだよなぁ・・・遠い昔のことのようです。

次の本番は12月ですので、ここでしばらく休憩・・・1日ぐらいかな。(笑)
12月にはアコーディオントリオで新曲を演奏するので、その練習を始めねば。
あっ、大田智美さんとのアコーディオンデュオもあります。この練習は今月半ばに。

でも、とりあえず明日は休憩。衣替えや、楽譜の整理やら色々後回しにしてきたことがありまして、それらを明日やってしまって、お昼すぎにはアコーディオンをやってみたいという方が体験レッスンに来られます。なんと、自転車で来られるほどご近所の方!
最近、立て続けにアコーディオンレッスンのお問い合わせがあり嬉しい限り。
教室の場所やお仕事の都合などで、必ずしも私の教室に来ることのできる方ばかりではないのですが、こうお問い合わせが続くと思ってしまいます。

アコーディオンってひょっとして、密かに巷で流行っているのかしら!?

コメント

  • お疲れさまぁ~

    怒濤の1週間、いや札幌行きを含めると10日間ですね。札幌の後の東京はどうされるのかなと思っていたら一度帰阪された上での再上京だったようで、そして茨木新作音楽展。大きな楽器を携えての息つく暇のない東奔西走、本当にお疲れ様でした。

    >アコーディオンってひょっとして、密かに巷で流行っているのかしら!?
    小学生の頃、母に「トニイホロヘハ」とその反対から読む配列を覚えるように言われたことがありました。それは単に「#が1つ増える毎に、とか♭が1つ増える毎に何調になるのか」を楽譜の読み方を教えてくれただけでしたが、社会人になって職場のサークルのアコーディオンをコッソリいじらせてもらったとき、ベースの配列が正にこのようになってるのを知って吃驚した若い頃の事を懐かしく思い出しました。

    あのとき、アコーディオンって自分の中にあるいろんなものを再発見させてくれる素晴らしい道具箱のように感じたものです。他にこんな便利なものは無いように思います。


  • Re: お疲れさまぁ~

    >>たしろさま
    この時期は本当に重なるので、もう少しばらけて来てくれたらいいのになぁ・・・と思います。(笑)
    札幌から東京に直接行くことも考えたのですが、1日半家に帰る方を選びました。移動はありますけど、やっぱりホテルより家の方が落ち着きます・・・。
    アコーディオンは、教えるたびに(特に初心者の方に)、難しい楽器だなぁと思います。同時進行ですることが沢山あるので、弾けるようになるまで時間のかかる楽器ですね。でも、その分できることが沢山あるので楽しいんですけど♪



認証コード6955

コメントは管理者の承認後に表示されます。