キャリーカート

キャリーカート

私は基本的に、楽器は背負うか車で運びます。
最近リハーサルで向かう場所は市内なのですが、我が家からだと乗り換えが2回ある上に、かなり距離があるので、楽器を運ぶだけで疲労困憊。
車は停めるところがない。(あるけど、高い。)
と、いうわけで買いました。キャリーカート。

これ実は、袋がセットでついている「ショッピングカート」だったのですが、その袋は取ってしまって、そこにアコーディオンをドンと。
このアイデア、実は生徒さんからいただきました。
市販のキャリーカートは高価なものなら、かなりしっかりしたものがありますが、お手軽価格のものだと、どうもタイヤが小さくて不安。
その点、ショッピングカートは軽くできているし、タイヤも大きい。
走行中の音もないので、グットです。

ただし、重いのは重いので手はやはり疲れます。
そして階段しかない場合は、the end。

web拍手 by FC2

コメント

  • キャリーカート

    アコーディオンが軽くならない限り永遠の課題ですね。私は電車で行くとき駅まで徒歩10分、民間の家がやってる駅前駐輪場へ100円で置かせてもらって、後はリュックで。キャリアのタイヤは写真と同様に大きくて安定してますがその分重く、ある時、電車に載せようとしたら重くて持ち上げにくく、もたついてたらキャリーからアコが転げ落ちて(大汗)。 まして階段となると分けて運ぶしかないなと思ってるところです(笑)。でもキャリアは必要ですね


  • Re: キャリーカート

    >>谷本さん
    今回は、目的地までエレベーター&エスカレーターがあることを確認済みだったのですが、階段はキツイですね。
    移動の時は、とにかく調べまくります。
    1.(遠回りでも)乗り換えが少ないこと
    2.エレベーターもしくはエスカレーターがあること
    3.満員電車にならない時間
    この3つが必要条件ですね。


  • いろいろ悩みはつきませんが

    もう一つ怖いのは歩道をすり抜けるように走る自転車です。ぶつけられたり引っかけられる危険があるのでハードケースは不可欠ですが、そうなるとトータルの重さが半端でありません。それでなくてもキャリーカートは耐荷重値が低いので無理できないのが辛いところです。
    後は、(教えて頂く側としてはあまり歓迎できない場合が多いですが)サブの楽器をレッスン会場に預けておくとか。


  • Re: いろいろ悩みはつきませんが

    >>たしろさま
    最近は、かなり重い荷物も積めるキャリーカートもあるようですよ。
    人が多くて、ぶつけられる危険がある時は、私はカートーを前にして押しながら運びます。
    それと、衝撃吸収するシート(プチプチがついている)で覆うのは必須ですね。


  • 私のキャリーカート

    私の場合も、買い物キャリーカートの袋を外し、ホームセンターにある軽い杉板(45cm*25cm)にクッションのポリウレタン(厚さ1.5cm)を張って台座にし、カートに固定しています。アコとカートとは留め金具付梱包ベルト(幅2.5cm*150cm*2本)で縛ると、がっちり一体化します。脱着も簡単。先生に教わったプチプチシート入りソフトケース&アコ12kg+キャリー1kg、計13kgをそのまま車に乗せてレッスン会場までコロコロ。とても重宝しています。歩道では必ず民家側にアコを引いてを歩くようにしているんですが、、、。ただ、階段はきつい!。キャリーカートごとヨイショ!。と運びます。全身のバランスを取りながらの昇り降りは、腕や足腰の鍛錬になるものの、注意!。注意!。今後もいろんな工夫や経験を教えてください。14.2.21Tsutomu


  • Re: 私のキャリーカート

    >>tsutomuさま
    本当にショッピングカートのアイデア、ありがとうございました!
    おかげさまで良い買い物をしたと思っています。
    最近のキャリーカートでしっかりした作りのものは、地面に底面がべたっとつくタイプが多いようです。
    ただそれだと楽器ケースが汚れる可能性があって・・・ショッピングカートなら底面は地面から離れた構造ですし何より軽い!私はずぼらなので、tsutomuさんのような台座はつくらず、そのまま載せています・・・。



認証コード1949

コメントは管理者の承認後に表示されます。