子どもワークショップ

ワークショップ ワークショップ2
本日あべのハルカスで、紙で出来た小さなアコーディオン=ペパニカを体験するワークショップがありました。ペパニカの考案・作成はneneroroの岡田路子さん。
想像以上に小さくて、かわいいかったです!
ペパニカ

その岡田さんから、「アコーディオンの演奏をお願いします」とお声がけいただいて、子どもたちが知っている曲「ジブリ・メドレー」「茶色の小瓶」「かっこうワルツ」「Let it go(アナと雪の女王より)」などを演奏してきました。
子どもたちが反応しそうな曲をセレクトしたつもりですが、私が想定していた「うける曲」と実際に喜んで聴いてくれた曲が違っていたのが、内心ものすごく動揺しつつも面白かったです。

ペパニカでは、「キラキラ星」を演奏してもらったのですが、小さな子たちは、とっても素直で反応が分かりやすく、その分難しさも感じました。なにせ、このワークショップは開けてみないと、「子どもたちの年齢・人数」も分からないので、ドキドキでした。

子どもは難しいなぁ!と実感・課題山積みという気分ですが、反応が分かりやすいというのは、やりがいもありますね。
子どもたちに、もっとアコーディオンを弾いてもらえるように今後もこういう機会があれば、積極的に演奏したいと思っています。

web拍手 by FC2

コメント


認証コード7729

コメントは管理者の承認後に表示されます。