1日が走り去る

師走、というだけあって1日が早いこと、早いこと。
だらだらしていたわけではないのですが、なんだか特別何もしないまま、リサイタルから10日以上が過ぎ・・・「次の演奏日まで、ちょっとしかないやん。」と、気づきました。

来年1月5日の「秋篠音楽堂アーティスト賞公開2次審査」では、リサイタルでも演奏したJ.Ph.ラモーの他に、金沢で演奏したS.グバイドゥーリナの「深き淵より」、そしてAYUOの「ユーラシアンタンゴ 第2&5番」を演奏します。
頭を切り替えて、そちらの練習・練習。
年末には、例年通り姉兄一家が集合し賑やかになりますが、私の年末・お正月は練習の日々となりそうです。

コメント


認証コード0593

コメントは管理者の承認後に表示されます。