指の曲げ方

伸びた状態

鍵盤楽器の経験のない方に多いのが、右手指の第1関節をまっすぐ伸ばしたまま弾いてしまうこと。
特に、人差し指〜薬指です。これをしてしまうと、親指・小指は短いのでそのままでは鍵盤に指が届かなくなり、結果手首や腕の無駄な動きに繋がります。またぐっと力を入れて鍵盤を押している状態なので、動きも悪くなります。

これを改善するには、どうしたらいいのかな・・・と随分前から考えていたのですが、なかなか生徒さん自身が曲がっている状態を実感できないようで、良い解決方法がありませんでした。しかし、昨日のレッスンで試してみたことが《実感》するには良さそうだったので、ご紹介します。

まず机の上などに上の写真のような形で指を押しつけます。
ただしあまり力を入れて押し付けないでくださいね。
これが、関節を曲げられていない状態。
ここから下の写真のように、徐々に机と接している部分を指の先の方へ移動させます。

左写真から右写真へ。机に触れている部分を移動させると・・・

少しずつ

曲がる場所

そうすると、ある位置で関節が曲がるところがあると思います。
そこが見つかったら、その部分で鍵盤を押さえるように意識して練習してみてください。
押し付けるのではなく、《置く》に近い感覚です。
力を入れて押し付けると関節はペコッと凹んでしまうので、注意です!

コメント


認証コード9351

コメントは管理者の承認後に表示されます。