今 甦る! 木琴デイズ

今日は、マリンバ・木琴奏者で文筆家、そしてアンティーク着物コレクターでも有名な通崎睦美さんのコンサート「今 甦る! 木琴デイズ」を拝聴してきました。
通崎さんには、2010年に一度レッスンをしていただいたことがあるのです。
マリンバ奏者からアコーディオンレッスン?と思われるかもしれませんが、御喜門下ではよくあることです。(笑)3時間の超充実レッスンは忘れがたいです。
(出来ることなら、また受けたい。)

別館ホール

会場は、京都文化博物館の別館ホール。旧日本銀行京都支店の建物で、現在重要文化財に指定されているそうです。
最寄りの烏丸御池駅から5分も歩かずに到着するのですが、さすが京都です。なんというか絵になる建物があちらこちらに。もちろん別館ホールも雰囲気抜群、そして何よりその音響!とても良く響く会場でした。

コンサートはシリーズ3回目。ゲストは箏・西陽子さんとピアノ・平林知子さん。

通崎睦美さん

マリンバ奏者の通崎さんが木琴を弾くようになったきっかけ。それは世界的木琴奏者だった平岡養一氏の木琴なのですが、譲り受けられたその木琴から紡ぎだされる音色は、真珠がいくつもいくつもコロコロっと転がっていくような、ひとつひとつが美しい音の粒が目の前にぱ〜っと広がったかと思うと、弦楽器?と錯覚しそうなほどの滑らかさもあって、1曲目のチャールダシュから惹き込まれました。

また、箏をちゃんと聴く機会は滅多にないので、西陽子さんが演奏された古典も現代の作品どちらも興味深く(箏って結構ワイルドです。)、木琴×箏、木琴×箏×ピアノの作品も新鮮で楽しく、ワクワクの90分でした。

写真は、2013年に出版された通崎さんの著書「木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」とCD2枚。
ジャケットがカワイイ「スパイと踊子」は今日ゲットしました♪

そして・・・そんな憧れの通崎睦美さんと共演させていただことになりました!!
まさか、こんな日が来るとは夢にも思わず・・・。
11月11日(木)「今 甦る! 木琴デイズ vol.4」で、リコーダーの本村睦幸さんとも初共演です。
今日舞台で通崎さんが次回のコンサートのお知らせをされていたのですが、それを聞いた途端に客席でひとり緊張しました。(笑)

また詳細など決まりましたら、お知らせします!

コメント


認証コード7269

コメントは管理者の承認後に表示されます。