西アコ

先週末は、今年40周年を迎えた「西日本アコーディオン仲間の集い」で講師を務めてきました。
40年続くというのが、本当に何よりもすごいことだと思います!
私は昨年から講師に呼んでいただいているので新参者ですが、私自身の今年のテーマでもある「姿勢」と「蛇腹の使い方」について90分の講座を行いました。
普段、意識しないことを沢山お話させていただいたので、あまりピンとこなかった方もいると思いますし、なかなか練習で実践できないかもしれませんが、アコーディオンで身体がしんどくなるということは、「普通」のことではないんだと思っていただけたら、講座をした意味があったかなと思います。

西アコ

photo by Rii

そして翌日はモーニングコンサートで講師演奏。出番が朝の10時半前。こんなに朝早くに演奏したことは、今までに一度もありません・・・。
10分の持ち時間ということだったので、トークも少なめにモーツァルトの「きらきら星変奏曲」の繰り返しを省いて9分28秒の演奏。(笑)

その後、ゲストの林原響子さんによるVアコも使った1時間のコンサート。Vアコは、本当に色んなことが出来るんですね〜。大変おもしろかったです。
アコーディオンっていう名前がついてるけれど、弾く方も聴く方もアコーディオンと思わないで、色んな音を楽しんだ方が良さそうだなぁという印象を持ちました。

遠く九州からの参加者もいて、「また来年〜!」という挨拶がいいなぁと思いました。
また、来年!

コメント


認証コード2061

コメントは管理者の承認後に表示されます。