この10日間

ポインセチア

この10日間の出来事。
闘病していた叔父が亡くなり告別式に出席しました。
あの世というものを信じていたわけではないのですが、病気のため禁酒・禁煙していた叔父が、あの世では思う存分お酒とタバコを愉しんでいたらいいなぁと思います。【かなしい】という想いを素直に涙として流せる、そんな時間でした。

「そっくり!」と皆が言う5つ上の姉が、前日のお通夜に出席していたのですが、告別式では親戚のおばさん達が姉と私を間違えていたらしく、姉の名前で何度も呼ばれ、最終的には否定するのが面倒くさくなり、そのままに・・・。
後日、おばさんから「間違えてて、ちゃんと挨拶もせずにごめんね〜」と謝られました。どれだけ似ているのか!
・・・いつか姉にはここに登場してもらいましょう。

佐藤芳明さんと

12月4日には、急遽出演が決まったaccordo accordo!というアコーディオンのイベントがありました。

留学する前からお名前を存じ上げていたアコーディオニスト佐藤芳明さん

スタジオ・舞台・コンサート活動とそれはそれはご多忙で、全国でご活躍の佐藤さんに、光栄にもお声がけいただいて2曲、私が選曲したラモーのAirと佐藤さんのオリジナル作品「地球の裏側の為のカノン」を共演しました。
奏者もお客さんも肩の力を抜いて大笑いして、とにかく楽しんでる!という雰囲気で、私自身も気持ちよく演奏させていただきました。クラシックのコンサートでは、ちょっと無い雰囲気がうらやましかったです。

お散歩

お散歩2

今日は久しぶりに実家の裏の公園をお散歩。
空が広い空間を歩いて、リフレッシュできました。
今年の演奏のお仕事は終了。大変!大変!と焦っていた9〜11月が過ぎ、しばらく本番が無いとなると、ぽっかりと穴が空いたような気分になります・・・が。
来年演奏する曲の勉強・練習や、今年1年に得られたヒラメキや学んだことの復習、新しい企画のアイデアなど、熟成タイムと呼んでもいいようなこの期間に色々練りたいと思います。 

コメント


認証コード6290

コメントは管理者の承認後に表示されます。