東京で。

例年ですと11月も結構忙しいのですが、今年は演奏のお仕事がゼロ。これ幸い(?)と、楽器の調整・修理のために東京へ行ってきました。
楽器をお任せしたのは、今年2月・7月に「楽器解体講座」で講師をお願いした加藤拓也さんです。

音色スイッチ

←白黒のボタンの横にある四角いスイッチ群が、音色スイッチ

アコーディオンには、音色を変えられるスイッチがあり、通常は手で切り替えるのですが、私の楽器には顎でも切り替えられるようにと、よく使うスイッチが楽器上部に8つ付いています。

で、この顎スイッチがキッチリ切り替わらなかったり、ちょっと固かったりしていたので、その調整がまずひとつ。
まぁ、これがとんでもなく面倒な感じで・・・でも1日でやってもらいました!

音色スイッチ2

←蜘蛛の足のような部品で、顎スイッチと連動させている。外すだけで、大変。

他には、先日割れてしまった部品の修理と、特に右手高音部・左手中間部の音が狂ってしまっているので調律。

調律は、とても2〜3日では出来ませんので入院です。
来年もハードに働いてもらわなければいけませんので、ちゃんと回復して帰ってこいよ〜と願うばかり。

浅草寺

楽器は心配ですが、この東京滞在は休暇でもありましたので、しっかり遊びました。
浅草は、昼間は人がとんでもないですが、夜はいいですね。

美味しいものも、ちゃんと補給して。

美味しい食べ物

美味しい飲み物

行きたかった展覧会にも。

デザインを

解剖する

展覧会

コメント


認証コード9557

コメントは管理者の承認後に表示されます。