小さな座布団の位置

今、演奏のお仕事で使っているメイン楽器を修理に出しているので、練習はレッスン用の2回りぐらい小さい楽器でしているのですが、これがやりにくくて、やりにくくて・・・何がやりにくいかというと、
弾くボタンの位置が身体に近すぎる。
楽器の形状のせいか身体で固定しにくく、楽器がぐらつく。

そこで、前回の記事「座布団作戦」を私も試していました。
挟む位置によっても変わるので、ここ数日、最適な場所を探した結果・・・

そこは、右胸の左側ということが分かりました!

右・・・の左?ややこしいですか?
えっと・・・右胸の谷間寄り、と書くと分かりますか?

座布団の位置

この辺りに座布団を入れると、一番楽器が固定されてグラグラしないし、蛇腹の開閉も楽なことが分かりました。

これより下のお腹の方になると、お腹が押されて苦しいし、これより左に寄り過ぎると、挟んでいても楽器はグラグラするんです。

ちなみに、そこ以外が当たってなくても、そこさえ当たっていれば、楽器は固定できる気がします。
もちろん楽器は膝の上に載っていて、楽器の左下は太ももの付け根辺りに当たっていますが、お腹には当たっていなくても大丈夫でした。
写真じゃ分かりにくいですが、お腹の辺りは手が入れられそうな感じの隙間があります。

座布団の位置2

ふと思ったのですが、お腹より胸の方が出ているスタイルの良い女性、胸とお腹の出方が同じぐらいの男性は、この楽器が当たる位置さえ分かるようになれば、座布団無しで弾きやすい状態に簡単に持っていけそうですね。
反対に、上半身が薄い人(私?)、お腹の方が出ている人は、そのままでは、ここが当たらないので、楽器の操作が難しいのかなぁと思ったり。
右胸の左側は、鍵盤を見ようとして楽器を倒すと、最初に身体に当たらなくなる場所でもありますね。

さて、この小さな座布団。右胸の左側の狭い範囲が楽器に当たればよいので、本当に小さなもので構わないと思います。

小さな座布団3

私は、着なくなった服を折りたたんで、厚さ約3cm(少し上から押した状態)
大きさは13cm×16cmのものを使っています。
適当な厚さは人それぞれで、私は普段ぶ厚い楽器を使っているので、これぐらい楽器が離れてくれると弾きやすいです。

巾着などに入れて、肩ベルトにくくり付けるのもいいと思いますし、あえて固定せず挟むだけにすると、姿勢が崩れれば落ちてくるので、姿勢に気づきやすいというメリットがあります。

ピアノ式の方だけでなく小さなボタン式の方も、ちょっとお試しあれ!

コメント

  • 試して、ガッテン!

    松原先生、こんにちは。
    こちらのブログを参考に「座布団」試したところ、去年1年悩んでたことがぶっ飛びました!。
    見事、楽器のグラつきが無くなりました。
    私のブログにも書いたので、また良かったら見てみてください!。


  • Re: 試して、ガッテン!

    >>ENSEMBLE MUSICさま
    ブログ、拝見しました。
    試してくださったんですね!ありがとうございます。
    この小さな座布団は、本当に効果があるようで嬉しいです。
    楽器と身体が当たる場所がポイントなので、慣れてきたら座布団なしでも固定できるように練習してみてくださいね!



認証コード1979

コメントは管理者の承認後に表示されます。