脇は常に蛇腹と共にあり

今日は、左脇のことについて。
左手ですごく遠いボタンを押さえなきゃいけない時、小指を使うしかないけど届かない!という経験あると思います。
例えば、FとDmとか?

FとDm

こんな時にどうしていますか?
腕を肩から動かして「よいしょっ!」としてませんか?
それで届くでしょうか?
届いたとしても、他のボタンを一緒に押してしまったり、変なアクセントが付いたり・・・?

まず、身体を動かして小指をFに届かせようとしても、残念ながら楽器も一緒に動いていますので、距離は縮まりません。そして届いたとしても、Dmは手前にあるので今度はそちらのボタンが押さえにくくなります。

こんな時、まず肩は動かさないこと。
そして上半身は支えの役割があるので、ここも動きません。
左腕〜指だけでも、ちゃんと届きます。小指は他の指に比べれば力は弱いですが、アコーディオンのボタンはそんなに重くないので、押さえられます。
そして大事なのは、「左脇を開けること」。

締めてる

開いてる

蛇腹を開けている時に、左脇をギュッと締めている方が多いです。上の左写真が脇を締めている場合。蛇腹の開き方も違ってきますね。
これは、身体が後傾する事とも関係があって、左脇を締めると蛇腹が広がる範囲がとても狭くなります。でも、広げたい!という欲求がある時に、身体は後ろへ。初心者の方に、よく見受けられます。

また、難しいと思っているところほど、左脇に力が入って締めてしまいます。(数え切れないほど経験済み)
左写真のように、脇を締めて蛇腹を開けようとすると左肩が前に出るのですが、この瞬間に指先まで緊張します。(試しに楽器を持たずにやってみてください。)

左肩が前に出る

楽器と左肩はくっつけない

スタンダードベースの場合は、次のような時に要注意。(全て蛇腹を開ける際)
・小指を使う時(他の指でも、遠いボタンを押す際は同様)
・ベースソロを弾く時

フリーベースの場合は・・・
・速いパッセージを弾く時
・和音の連打

左システムに関係なく、蛇腹を大きく広げる時と大きな音を出したい時も締めがちなので要注意。大きく広げる時は、なんとなく楽器を支えたくなって脇を締めるのかなぁと予想してるのですが、右肩ベルトでちゃんと楽器は支えられているので大丈夫。
安心して左脇、開けてください。

でも、開けるタイミングが大事です!!
かならず蛇腹が開いていくのと一緒に。

左写真は開けるのが早すぎます。早すぎると、脇を締めている時と同様に左肩が前に出て、蛇腹が広がる範囲はかなり狭くなります。

早過ぎる

開けるタイミング

蛇腹の広がりに抵抗しないで付いていく・・・という感じでしょうか。
蛇腹を閉じる時は、開けるのと反対に「蛇腹と一緒に脇を閉じる」。
(いきなりギュッ!と締めないで、じんわりと)
面白いことに、閉じる際には難しい箇所ほど脇は弛緩するので、ず〜〜っと締め続ける。

「脇は常に蛇腹と共にあり」です。

コメント


認証コード1547

コメントは管理者の承認後に表示されます。