アンケート結果

「アコーディオンに関するアンケート」
78名の方がアンケートに協力してくださいました。ありがとうございました!
結果は、以下リンクからご覧いただけます。
https://questant.jp/s/A1A9RPNI

テキストボックスの回答(Q7〜10)は、個人的なことを書いてくださっている方もいるので、ここでの公表は控えます。
その代わり、代表的なお答えを書き出していきたいと思います。

「これまでにクラシック音楽作品を演奏したことがあるか?」という問いに対して、51,3%の方が「ある」、41%の方が「ない」、7,7%が「わからない」だったのですが、「ある」方の演奏曲として書いていただいたのは、

・ハンガリー舞曲第5番(J.ブラームス)
・J.S.バッハ(主よ人の望みの喜びよ、トッカータin Dm、ゴルドベルク変奏曲、メヌエット、目覚めよと呼ぶ声に、小フーガト短調etc...)
・トルコ行進曲(W.A.モーツァルト)
・子犬のワルツ(F.ショパン)
・愛の挨拶(E.エルガー)
・夢見る人(フォスター)
・スケーターズワルツ、エスパナ(E.ワルトトイフェル)
・くるみ割り人形(P.チャイコフスキー)
・仮面舞踏会、剣の舞(A.ハチャトゥリアン)

などなど、でした。
そして、Q8.「今後演奏してみたい曲(ジャンルを問わず)」への回答は、
ジャンル分けすると、クラシックが最も多く、次いでミュゼットやタンゴなどのワールドミュージックでした。

演奏してみたい曲

具体的には、
クラシックがバロック、オペラやバレエの作品、ブラームス、グリーグ、サティなど。
ワールドミュージックは、ミュゼット(ガリアーノを含む)・タンゴ(ピアソラも含む)など。
その他に、ディズニーやジブリの楽曲、ポップス、日本歌曲をかっこよく!などがありました。
(【ジャズ】に分類分けしたのは、「ジャズ」と書いていただいた回答です。ガリアーノもジャズですが、ワールドミュージックに入れました。)

さて、一番興味深かったのはQ9.「現在のアコーディオンを取り巻く環境で不満な点は?」に対する回答。

不満点

ダントツ1位が「楽譜がない」
「ボタンの運指が書いてある楽譜がない」
「楽譜がどこで入手できるか分からない」
「良い編曲の楽譜、合奏譜や他の楽器とのアンサンブル譜がない」
「バイエル的な指導本がない」など。

「その他」項目が多いですが、「人間関係」「夜、自宅で練習できない」「演奏を聴く機会が少ない」「ケースやベルトのデザインがださい」「海外の奏者の来日が少ない」「基礎練習曲が確立していない」「良いソフトケースがない」「活躍の場が少ない」といった内容です。

「楽器の入手」
これは、特に首都圏以外では本当に深刻です。
ボタン式は、質の良い中古品も全然ないですしね。
「軽くて性能の良い楽器が欲しい!」「値段が高い」「中古品の質の悪さ」「初心者用の安いアコーディオン」などのご意見も頂いています。

「修理・楽器店」と「情報」
「修理・楽器店」は、「楽器の入手」と同じく首都圏・大阪・名古屋以外では今のところ見つけるのは難しいですね。(他の都市にもあったら、私の知識不足です。スミマセン!)
「扱う店が少ないせいか、横柄なお店もある」というコメントもありました。
「情報」は、楽器や付属品がどこで買えるのか分からない、コンサートやライブ情報、教室や楽譜について、とアコーディオンに関する情報がとにかく不足または発信していても届いていないという状況のようです。

楽器ない、楽譜ない、情報ない、教室ない等の「ないない尽くし」は、マイナー楽器ゆえの悪循環なので、どこからどうしたらよいのか難しい問題ですが、私なりに出来ることからやっていこうと思っています。

最後のQ10.には、「こんな曲があったら嬉しい」と具体的に書いてくださったり、「応援しています!」と一言くださったり本当にありがたい限りです。
今回のアンケート結果を参考にして、今後どのような作品を作るか熟考の上、「愛好家のための新曲制作プロジェクト」を進めていきたいと思っております。

コメント


認証コード8235

コメントは管理者の承認後に表示されます。