7月アコーディオン講座!(じゃば研主催)

今年も、じゃばら研究会(略して「じゃば研」)主催のアコーディオン講座を開催します!

今回も、講師に東京・音楽センターの加藤拓也さんをお迎えし、基本的な楽器の構造+サブタ皮(リードプレートに付いている弁)について、詳しくお話していただきます。
サブタ皮は、空気の逆流を防ぐ弁なのですが、経年劣化が一番起こりやすい部品のひとつで、それゆえにトラブルの原因にもなりやすい部分です。

そのサブタ皮の役割や、劣化するとどうなるか?、トラブルの原因など、一緒に勉強いたしましょう!

また、今回は私も講師として「身体から視るアコーディオン演奏講座」と題した講座を行います。
ベルトの長さ、楽器の位置、蛇腹の動かし方など、ほんのちょっとした事に気をつけるだけで、演奏が随分ラクになったり、上手く演奏できたりするので、そんなヒントをご紹介しつつ、実際に体験していただけたら・・・と思っています。

詳細はこちらから。
お申込みは、5月21日(日)午前10時開始です!

コメント


認証コード5832

コメントは管理者の承認後に表示されます。