楽器解体講座&身体から視るアコーディオン演奏講座

じゃばら研究会主催の「アコーディオン講座2017」。
東京は7月9日(日)・大阪は7月17日(月・祝)開催ですので、東京講座は2週間をきりました。
一体どんな内容?と思われている方もいらっしゃるかもしれませんので、改めてどんな講座か紹介します。

【楽器解体講座】講師:加藤拓也(蛇腹楽器修理・調律師)
その名のとおり、アコーディオンを右側・蛇腹・左側の3つに解体し、内部をご覧いただきながら音の鳴る仕組み・リードの状態・音色スイッチや左メカニックの構造などを知っていただく90分です。
また、今回は楽器の構造以外に「サブタ」を取り上げます。
「サブタ」とは、リードプレートに付いている皮(材質も色々)のこと。この皮の働きや経年劣化によるトラブルについて、詳しくお話していただきます。

サブタ

サブタ2

↑金属のリードプレートに付いている黄色の皮がサブタ。

過去の同講座の様子は、こちらの記事をご覧いただくと雰囲気が分かると思います。定員20名ですので、至近距離でじっくりご覧いただけますし、写真撮影も自由!
質問時間も設けますので、疑問に思ったことをドンドンご質問ください。


【身体から視るアコーディオン演奏講座】講師:松原智美
アコーディオンは軽いもので6〜8kg、大型のものですと10kgを超えます。この重い楽器を、どうすればより楽に演奏できるのか・・・身長150cmの私が、長年ずっと課題にしてきているこの問題について、コツ・身体を観察すること・自分のベストポジションを見つける方法など、お伝えする90分です。
3名の受講生の公開レッスン形式で、既に受講生は募集を終えていますが、聴講は残席あります!

↓5/21名古屋でのレクチャーの様子

名古屋での講座

名古屋講座

講座の内容は、肩ベルトの長さ・楽器の位置・蛇腹の開閉時の腕の使い方を提案しながら、受講者のお悩み解決策を一緒に見つけていきたいと思っています!

お申込みは、こちらのページのお申込みフォームからお願い致します。

コメント

  • アコーディオン講座2017 質問です

    まだまだ先だと思っていたのですがもう今度の日曜日ですね。楽しみです。
    『【楽器解体講座】』は『写真撮影も自由!』ということですが
    動画撮影は可能でしょうか?

    また『【身体から視るアコーディオン演奏講座】』についても『聴講』時の
    動画撮影は可能でしょうか?


  • Re: アコーディオン講座2017 質問です

    >>Luis-JPさま
    もうすぐですね!私も楽しみにしております。
    動画撮影についてですが、申し訳ありませんが、どちらの講座もご遠慮いただけますか。
    写真撮影は楽器解体講座のみ可能です。
    演奏講座の方は、受講者の方がいらっしゃいますので、写真もご遠慮いただきますようお願いいたします。


  • Re: Re: アコーディオン講座2017 質問です

    >>2
    お返事ありがとうございます。
    了解しました。
    演奏講座、しっかり見聞きして覚えて帰ります。^_^



認証コード8341

コメントは管理者の承認後に表示されます。