東京・大阪アコーディオン講座を終えて

じゃばら研究会主催「楽器解体講座&身体から視るアコーディオン演奏講座」@東京・大阪が無事終了いたしました!
どちらの講座も、参加者の方々の真剣な眼差しとシャッター音、メモを取る姿から、関心の高さを肌で感じることが出来ました。

楽器解体講座

アコーディオンは内部構造が複雑なだけに、特に楽器解体講座は、何回か受講していただくことで、より理解が深まると思います。
構造が複雑な部分のお話で、当初???が沢山浮かぶ皆さんの顔が、説明を進めていくとパッと晴れる瞬間があり、その時は本当に嬉しくなりました。

さて、大阪講座は沢山写真を撮っていただきましたので、様子がよく分かる写真を選んで載せていきます。

挨拶

解体開始

写真撮影

更に解体中

サブタ

昨年の講座では取り上げなかったのが、このリードプレートに付いている皮(サブタ)。これが有るのと無いのとでは、大きな違いがありました。実際に取り外して、音の違いを聞いて頂きました。

東京でも大阪でも、講座中で一番歓声が上がったのが、左メカニックの解体です。
仕組みも口頭説明だけでは、???なので、分解してもらって、ようやく分かる!

左部分

ベースメカニック

ベースボタン取り外し

私が担当した「身体から視るアコーディオン演奏講座」は、3名の受講者の方のお悩みを解決していく公開レッスンのような形で進めました。

演奏講座

三者三様の悩みがありましたが、どれも「身体を使う」という共通点があります。
まず最初に、私自身が演奏フォーム改良中に発見した、「アコーディオンと身体を繋ぐ肩ベルトの役割」「楽器の位置」「蛇腹の開閉のポイント」を紹介しました。
また指にばかり意識を向けないで、腕・肘・肩・背中・脚・お尻・首と身体全体をチェックしてみる事の大切さ、身体の部位の角度によっても演奏しやすさが変わるので、ご自身の身体で是非色々と試してみてくださいとお伝え致しました。

右手の位置

お悩み相談中

アンケートを沢山書いていただきました。一部ご紹介します。

  • 楽器解体講座
    「自分の楽器をもっとよく知り、可愛がってあげなくてはと思いました。」
    「改めてアコーディオンが愛おしくなりました。大切にしていこうと思います。」
    「(楽器の)仕組みを踏まえて、音を出したいと思います。」
  • 演奏講座
    「(演奏する上での)基本的な点を見直す良い機会になりました。」
    「聴講者も(受講者と)同じような悩みを持っているので、とても勉強になりました。」
    「ベルトの位置、左の蛇腹の切り返しから全てが目からウロコでした。」

・・・解体講座講師の加藤氏が、おもわず「泣いてまうわ。」と言うぐらい嬉しくなる感想を、ありがとうございました!

コメント

  • 二つの講座

    大阪での二つの講座に参加させていただきました。楽器解体講座は二回目の参加でしたが、サブタの機能やリードの調律方法など、前回講座には無かった内容があって、新たな驚きと納得の連続でした。
    身体から視る演奏講座は、受講者の皆さは緊張されていた様子でしたが、私は聴講者として気楽に見聞しました。なので楽器の載せる場所、肩ベルトの長さ、右側の肩肘手首と楽器の位置関係など、自分のレッスンの時には分かりずらかった事が、受講者の皆さんを見て「成る程!。」と頷けました。じゃばら開く時「押す」、閉じる時「引っ張る」との表現指導は講座の圧巻でした。
    これからのレッスンにおおいに参考になります。やっぱり「百聞は一見にしかず」ですね。ありがとうございました。
    じゃばら研究会の今後の講座に期待しています。17-7-20tsutomu


  • Re: 二つの講座

    >>tsutomuさま
    参加&お手伝い頂き、ありがとうございました!
    ブログでも伝えられることは文章にしていますが、やはり限界があるので
    こういう場が持てると、より伝えやすいですね。
    他の参加者の方も書いてくださっていましたが、人のレッスンを聴講することは
    思っているより沢山の収穫があります。
    そういう機会も、持っていただけるようにしたいなと思っています!



認証コード9072

コメントは管理者の承認後に表示されます。