痛みとメモ

4月の本番後からの大スランプで大胸筋を痛め、理由が分かって治ったと思ったら肩が痛くなって・・・頭も痛くなるような日々を送っていました。
痛いのは筋力が足りない、という問題ではなく、単に何か間違っている、ということは分かっているので、「何が間違っているのか」を探す日々。

練習メモ

まだ少し肩は痛いですが、だいぶ分かってきたのでメモにしました。こういうメモって大事なんです。
今回のスランプも、何の前触れもなくやって来ましたし、どんなきっかけでフォームが崩れるかわからないので、練習で気づいたこと、アイデアはすぐにメモするようにしています。(なので字は汚い・・・)
特に私のように、フォームを変えて数年の状態だと、やっぱりまだまだ身体に染み付くところまでは行っていないので、身体も迷うし前の状態に戻ろうとするんでしょうね。

まぁ、でも今回のスランプも次に進むために、おおいに役立っています。
以前から練習と本番では、服も違うし当然緊張しているので楽器と身体のフィット感が変わってしまうのは、ある程度はしょうがないのかなぁと半ば諦めていたのですが、変わってしまう一因が掴めそうな予感がしています。
検証には、本番を積まないとどうしようもないので、習得したとは現段階では言えませんが、ここ数ヶ月の肩の痛みと「このまま原因が掴めなくて、腱鞘炎とかになったらどうしよう!」という不安も無駄ではなかった!

9月から大事な演奏の機会が控えているので、その前にこの肩のトラブルを解決できそうなことに心の底からホッとしつつ、今まで弾きにくかったところの練習方法が見つけられそうなので楽しく練習しています。

まずは10月21日(名古屋)27日(奈良)のチェロの荒井さんとの演奏会「400年の音の旅」で、ちょっとスキルアップした私を聴いていただけられるよう励みます!

400年の音の旅

コメント


認証コード9987

コメントは管理者の承認後に表示されます。