野田さん

 昨日は、今月21日のコンサートでお披露目する「The Entertainer」の編曲者・野田雅巳さんがご来訪。
演奏を聴いていただいて、楽譜の修正を少しして演奏上の注意点も教えていただきました。

 実際に音を出してみると想像と違っていた、というのはごくごく自然に起こることなので、やっぱり絶対に楽器を目の前にして聴いてもらわないと駄目ですね!
それと、私が普段使っている大きな楽器だったら何の問題もないのですが、小さな楽器でも演奏できるようにと音域の制限を設けているので、ちょっと悩んでおられました。
でも、それも解決。
私の方も、野田さんの意図が読み切れていなかったところがハッキリして、練習の道筋が見えました。

 私が演奏していると、野田さんは「こういう音が欲しい!」というのを指揮?ダンス?のような身振り手振りで知らせてくれるのですが、それがとても分かりやすく気分が乗るので、その時はすごくいい演奏が出来た気がしました。あとは、野田さんのジャスチャーなしで、ひとりでも出来るようにならないと。

 写真は、作曲家の方が大体迷い込むアコーディオンの音色スイッチの話をした時の落書き。複雑ですよね〜。

Register

野田さんのダンス、私もレッスンでやろう。

コメント


認証コード3840

コメントは管理者の承認後に表示されます。