ひもトレbefore/after

今日は奈良でレッスンでした。
ここのところ、ずっと身体の使い方に特化したレッスンをしているMさん。
本日は、ひもトレを体験してもらいました。

まずは、ひもトレ前の蛇腹開閉。

少し蛇腹を大きく開いてもらうと、ガクッとしたり身体が力んだり、また開から閉がスムーズにいかず音にも時差が発生していますね。

では、ひもトレafter。

肩甲骨から前腕までの動きがスムーズ!
beforeの時よりも、蛇腹が安定して開けられています。

ひもトレは丸紐を使って腕を上げ下げしたり、胴体を回転させたり屈曲させたりするのですが、以下のサイトに動画付きで紹介されているので、ご興味ある方はご覧ください。
ひも1本で上半身の柔軟性も手に入るし、腕と上半身の連動もスムーズになります。
ひもトレ

以前から、このひもトレは自分の練習には取り入れているのですが、レッスンで使うには消化できていないところがあり、ようやくの出番となりました。

女性は、蛇腹の開閉が大変だという方は結構多いです。でも、無理がきかない分大変さを自覚しています。
男性は、その大変さが女性より少ないんですよね。
その分、蛇腹の開閉時の身体への負担(腕以外の箇所への影響)に気づいていないことが多いです。

「蛇腹の開閉が大変」という、その身体の状態にアプローチしないと根本的に改善しない。
脇を緩めてと言っても、力んでることにも気づいていない場合、緩めることは非常に難しい。

蛇腹の開閉は腕だけでしてるわけではないということを生徒さんに実感してもらうには・・・
もう、ひもトレで上半身を柔らかく使えるようになってもらうしかない!
ということで、効きそうだなと思う生徒さんのレッスンに取り入れています。

毎日数分でいいので、ひもトレやってくださいね!とお願いしています。

おねがいします!

コメント


認証コード2346

コメントは管理者の承認後に表示されます。