来年1月の演奏会と今年を振り返って

あっという間に、今年もあと6日となりました。
13日のコンサートの後、少しゆっくりしたいと思い、公開中のピアソラの映画を観てショッピングをしたり、クリスマスにチキンを焼いたり、楽譜を作ったり、レッスン用のアレンジをしたり、練習したり…あれ。

今年の関西は、6月の大阪北部地震、9月の台風と大きな災害がありましたね。演奏会も延期になったものが二つありました。
その延期公演は来年1月を予定しています。

京都芸大フェスティバル

地震で延期となった京都市立芸術大学主催の「国際現代音楽祭アジアの音舞・管絃の現在2018-19」は、1月6日(日)に開催されます。(入場無料)
大学内ホールで一日中、様々な編成で現代の音楽をお聞きいただけるのですが、私は野村誠さん作曲の「Tradition-Extra Addition 六段−交段−空段−穴段の調」を演奏します。
ピアノ ・佐藤恵美子さん、箏・福原左和子さんと初共演です。

9月の台風でホール最寄の尾崎駅が全焼し延期となった「バリアフリーコンサートvol.2〜アコーディオンの調べ〜」(阪南市立文化センター)は、1月26日(土)です。
アコーディオンソロがメインとなりますが、ゲストにソプラノ・山本昌代さんをお迎えし、9月に予定していたプログラムから数曲を、新春にふさわしい明るい曲に変更してお贈りいたします。
お申込み受付中ですので、リンク先よりご予約ください。
阪南市立文化センター

バリアフリーコンサートVol

今年は初のソロアルバム「in Watercolors ひとひらの水彩」をリリースし、その発売記念コンサートをはじめ多くの演奏機会に恵まれました。
アコーディオンレッスンや発表会、企画講座もそれぞれに学びがあり、ずっと取り組んでいる身体に関する研究は、長年の右腿付け根の痛みが消えたのが今年の大きな収穫でした。

2019年もアコーディオンを通して、たくさんの人にお会いできるといいな!と願っています。
本年も ありがとうございました。
来年も よろしくお願いいたします。

コメント


認証コード0711

コメントは管理者の承認後に表示されます。