1/26バリアフリーコンサート写真

少し日が経ちましたが、1月26日大阪・阪南市立文化センター主催「バリアフリーコンサートvol.2〜アコーディオンの調べ〜」の写真をいただきました。

バリアフリーコンサート

この日も寒気で、朝から雪がちらつき高速道路が通行止めになるなど、心配なお天気。
前売・当日チケットに料金差をつけていないので、どのぐらいのお客様が当日来られるのかわからない状態でしたが、予想の倍以上の方がご来場くださいました。(ガラガラだったらどうしよう?という心配は無用でした!)
さすがに寒くインフルエンザも流行っていましたので、赤ちゃん連れの方はいらっしゃらなかったですが、小学生・近くの支援学校の生徒さん、車椅子の方などの姿がちらほらと。

リハーサル

楽器紹介

前半はソロ。ヨハン・シュトラウス「美しき青きドナウ」から始まって、エンターテイナー、ユーラシアンタンゴ、モーツァルトを演奏しました。
途中で、アコーディオンの紹介。
教育楽器(左がない楽器)、鍵盤式の楽器、ボタンアコーディオンの3種類を持ち込みました。
ボタンアコーディオンを見たことがある方が、結構いらっしゃったのが意外でした。

後半は、ゲストの山本昌代さんにご登場いただいて、ヘンデル・スカルラッティ・山田耕筰をお贈りしました。

山本昌代さん

みんなで歌う時間を、と主催者リクエストがありましたので、発声練習と輪唱を山本さんにリードしていただいて行いました。
ボイストレーナー・合唱指揮もされている山本さん。
豆知識・笑いありのさすがのリード&トークでした!
見習いたい。

発声練習

シングアウト

見習いたいといえば、スタッフの方々がとても優秀で、また隅々にまで気を配って頂いてるのが分かり、大変気持ちよく演奏させていただきました。それぞれがやるべきことを分かっていて有機的に動く現場は良いですね。
「気軽に演奏会に来られない方々へ音楽を届けたい」という素晴らしい想いで始められたバリアフリーコンサート。
主催側には色々とご苦労があると思いますが、これからも是非続けていって頂きたいと思います。

コメント


認証コード6405

コメントは管理者の承認後に表示されます。