先生に似る?

今月は演奏のお仕事がないので、ようやく楽器を調整に出せる時間ができました。変な音がだいぶしていたのですが、昨年は時間が作れず・・・
というわけで、数週間自分の楽器なしで過ごしています。(代車ならぬ代楽器を借りていますが。)

調整に出しに東京に行った際、たまたま大田智美さんの教室発表会があったので聴きにいってきました。
知っている方もチラホラいて、リハーサルから「でんっ!」と私が座っていたので緊張されたかもしれません・・・すみません。

終演後の打ち上げ時に、生徒さんの楽器をお借りして久しぶりの「ともみともみ」!

ともみともみ

ところで、別の教室の発表会を聴く機会って普通はないので、とても面白かったです。
演奏の仕方が、どことなく先生に似るんだなぁというのが一番印象に残ったこと。大田教室でいうと、脚の使い方かな。
別にそう教えてるわけではないと思いますが、身体と楽器との関係、楽器の扱い方が似るのかも。

私の教室も、きっとそうなんでしょうね。
そういえば、御喜門下だというのも聴けば分かるらしいです。
先生から受け継いだものと自分で吸収したもの。
技術的なことや音楽表現に関することは意識して生徒さんに伝えていますが、それ以外にも知らず知らず受け継がれていくものが沢山あるんでしょうね。

〈知らず知らず〉良いことも悪いことも伝わっていそうなのが怖いなぁ。

コメント


認証コード6971

コメントは管理者の承認後に表示されます。