「エンターティナー」ピース楽譜出版のお知らせ

愛好家のための新曲制作プロジェクト」の一環で、野田雅巳さんに編曲していただいたスコット・ジョプリンの「エンターティナー」の楽譜が出来上がりました。

The Entertainer

 フリーベースアコーディオンのための作品で、少し難易度の高いアレンジとなりましたが、これからどんどんフリーベースを弾く人が増えレベルも上がり、この作品を軽々と演奏する愛好家の方が、たくさん現れる未来があるといいな!と思います。

楽譜価格は1,000円です。
ご購入希望の方は、こちらからご連絡くださいませ。
過去に出版した楽譜同様に、東京の音楽センター楽器部にも、置かせていただいています。

 出版にあたり、編曲者からメッセージを頂いています。楽譜にも掲載していますが、ここでも紹介しますね。

「本来『エンターティナー』に代表されるラグタイムと呼ばれる音楽は、終始一貫して行進曲風の角張ったリズムと和音の伴奏でできていて、テンポも一定している。
このアコーディオンのための編曲は、いたるところでテンポがゆれ、また遅くなったり早くなったり変化する。
強弱、音の厚みや表情の変化が極端にすばやく起こることもある。
原曲とは対極的な音楽だと言っていいだろう。
本家エンターティナーの印象に引きずられることなく、この新しいエンターティナーを演じていただきたい。  野田雅巳」


そして!
どんなアレンジなのか、雰囲気だけでも伝わればいいなぁと思い動画を作りました。本当は1分以内にしたかったのですが、ここは欲しい!あそこも欲しい!と沢山ある素敵フレーズを捨てられず、結局2分近くの動画になってしまいました。
素人が作ったものなので、色々と気になるところもあると思いますが、ぜひ一度ご覧ください。

コメント


認証コード0866

コメントは管理者の承認後に表示されます。