ラース・ホルム公開セミナー&コンサート

img032.jpg

来月7月28、29日にあるアコーディオン・サマーin 大阪の打ち合わせに行ってきました。
私は、この日のためにスウェーデンから来日するラース・ホルムさんの通訳&アシスタント(ドイツ語)をさせていただくのと、2日目のコンサートではソロ・ラースさんとのデュオ演奏もします。

1日目のセミナーには10組のエントリーがあり、曲目も決定しました。
また詳しくは後日、JAA(日本アコーディオン協会)のホームページでも知ることができると思いますが、簡単に受講者の方たちの曲目を紹介しますと・・・

フィガロの結婚序曲(モーツァルト、トリオ演奏)、バチンの少年(ピアソラ、ソロ演奏)、ダークアイズ変奏曲(ソロ演奏)などなど有名な曲から、私が知らない曲もあり、編成もソロだけではなくトリオもあるので、楽しみです。
1レッスンは25~30分と短いので細かい指導というよりは、その曲全体への新しいイメージや、音の響き、工夫の仕方などをラースさんから教えて頂けるんじゃないかなぁ~と期待しています。
家で一人で練習するのはもちろん大切ですが、人の演奏を聴くこと、こういう公開レッスンを聴講することは、刺激あり・新しい発見ありで、一番勉強になりますよね。

そして、私は受講者の方とラースさんがスムーズに交流できるよう通訳させていただくのですが、自分の演奏より緊張しそう・・・。
あと1ヶ月、ドイツ語を聞く・話す機会を少し増やして、鈍った頭の特にドイツ語部門を活性化させようと思っています。

コメント


認証コード8193

コメントは管理者の承認後に表示されます。