脳の活性化?

最近レッスンで、(全員ではないですが)生徒さんにしてもらっていること。
それは、「音符・リズム読み+左手でリズム取り」です。
今取り組んでいる曲の右手を口に出して読む(ドレミで)、左手のリズムを手で叩く、これを同時にします。(メロディーをちゃんと音程通りに歌う必要はありません。)
これが出来たら、今度は楽器を持って左手を演奏しながら、右手メロディーを読む。

アコーディオンの曲は、左手のリズムが単純なことが多いので、ついつい左手は自動的にブンチャッチャッと弾いてしまうのですが、↑の練習をすると右手のパートと左手のパートが揃うところ(縦の関係)に気づくことができますし、音名を読む・2種類のリズムを刻むという計3つのことを同時にするという訓練になります。
あと楽譜を読むのが苦手な方のためのトレーニングにもgood。

これをしてもらうと、生徒さんから「脳が活性化しそう!」という声を聞きますので、そんな効果も期待できそう(笑)。

コメント

  • 脳の活性化+α

    最近このレッスンを受けています生徒のひとりです。左手演奏しながら右手部を譜面読みして音階で発声するのは初めてのレッスンですので、今までに使ったことない脳細胞を使う・動かす感じになります。レッスンは一音づつ集中してゆっくり発声する練習から始めると、これで読めていない音符は発声できないので自身の弱点がはっきり判ります。譜面に集中しないと発声できません。そしてできるだけ大きな声で繰り返し練習と徐々にテンポを上げていきます。すると数日したらかなり滑らかに譜面読みができるようになりました。バンザーイ!。ですからこのレッスンは相当脳を活性化すると思われます。脳細胞がしっかり動いているせいでしょうか、おかげさまでここ二週間ほどは熟睡の夜が続いていて、そして爽やかな春の朝を迎えています(笑)。このレッスンの余波に感謝。これからも頑張って続けようと思っています。


  • Re: 脳の活性化+α

    >>Tsutomuさま
    なんと!安眠効果まで!(笑)
    そして、かなり滑らかに読めるようになったなんて、すごいです!
    余裕が出てきて、もし音域に無理がなければ、《本当に抑揚をつけて「歌う」》のもおすすめです。
    どんな風に歌いたいか分かれば、どんな風に弾けばいいかも分かりますので。^^



認証コード5801

コメントは管理者の承認後に表示されます。