蛇腹の押し方

最近の私の練習課題は、もっぱら身体の使い方です。
今現在で、私の中で「この方法は役に立つ」ということを覚え書きとして挙げておきます。

1.ベルトの長さ
私の楽器は大きいので、楽器を左ひざの上に載せ(アコーディオンの底面が腿に真上から乗るように)、身体前面にピタッとつける。この時、楽器は傾かないように。
イメージは、木に止まっている蝉(笑)。(木が私で、蝉が楽器です。)
 この状態がキープできるような長さにベルトを調節する。
肩に重さがかかったり、ベルトの長さに身体や楽器を合わせないように!

2.身体の状態
 骨盤を立てる。腰は反らさない。下腹を楽器に押しつけない。
胸は自然に伸ばす。(背骨は自然な状態では少し曲線になっているので、あまり背中がピシッとなると、腰が反ります。)

身体に変な力が入っている時ほど、肩が上にあがり、腰が反り気味なので、常にそこは注意する。

3. 腕だけで押さない
演奏していて、上腕が痛くなる場合は腕だけで押している可能性大。
 肩甲骨と肋骨を意識する=背中の筋肉を使う。
→これはなかなか分かりにくいので、肩甲骨の上にベルトを1本横に足してみる。背中が使えている場合は、この横のベルトが張る。
この場合も、上半身は2の状態と変化なし。(猫背になったりしないように。)

いかがでしょうか〜?
私自身、発見はしたものの、まだまだスッとベストな体勢にはなれないので、身体に染み込ませるには時間がかかります。
でもこれで、蛇腹の押引が楽になれば、音は大きくなるし、左指の動かしやすさも全然違います!
人それぞれ骨格が違うので、上記の3点のやり方が合わない方もいるかもしれませんが、体勢によって演奏のしやすさは必ず違いますので、色々試してみてください♪

コメント

  • これと左右ベルト使い分けの記事はモヤモヤの解決になりそうです。試してみます。


  • Re:

    >>シュンスケさま
    そう言っていただけると、とても嬉しいです!
    文字だけなので、分かっていただくには限界があるなぁとは思いますが、これからも気づいたこと、発見があればブログでお知らせしていきます。
    「身体が楽かどうか」を基準に、色々試してみてくださいね!



認証コード5590

コメントは管理者の承認後に表示されます。