Lecture


公開講座のご案内 (主催:じゃばら研究会)

じゃばら研究会とは・・・
アコーディオンに関する様々なナゾギモンを解決するため、毎回すてきな講師の方々をお呼びして、“目からウロコ”の講座やイベントなどを企画・主催する会です。

2017

楽器解体講座&身体から視るアコーディオン演奏講座

東京 7月9日(日)13:00/15:30
大阪 7月17日(月・祝)13:00/15:30
終了しました。


楽器解体講座  講師:加藤拓也(蛇腹楽器修理・調律師)

加藤拓也氏

基本の「楽器の構造」、音の鳴る仕組み・音色スイッチやチャンバー、起きやすい故障等について、実際に楽器を解体しながら学んでいきます。また経年劣化によるトラブルが多い「サブタ皮(リードプレートに付いている弁)」の役割や、劣化した状態を実際に見て、起こりうるトラブルについても、詳しくお話していただきます。(定員20名)


加藤拓也:ザクセン州クリンゲンタールの楽器製作職業養成専門学校・蛇腹楽器科で学び、2013年卒業。「職人」認定の資格を取得。在学中から同町バンドネオン工房で楽器製作・メンテナンス修行。
帰国後、2015年より 東京・音楽センターにおいて、修理・調律を行っている。

身体から視るアコーディオン演奏講座 講師:松原智美(アコーディオン奏者)

アコーディオンには、ベルトの長さ、楽器の位置、アコーディオン演奏の基本となる蛇腹の開閉の仕方など、少し変えるだけで、ぐっと演奏しやすくなることが多くあります。
そんなちょっとしたコツを紹介しながら、公開レッスン形式で受講者の悩みやネックになっている事を一緒に見つけ解決方法を探っていきます。


受講生募集!

  • 受講生 定員3名  ※定員に達しました。
    大きな音が出せない、練習すると肩が凝る、ベースソロが弾けない、蛇腹の切り替えが上手くできない等・・・演奏上の悩みをお持ちの方、是非ご応募ください。
    公開レッスン形式で、講師が各自のお悩みにお答えします!
    ※ご自身の楽器を持参してください。

聴講のお申込みは、引き続き受け付けています。
※講座終了後の質問タイムには、受講・聴講に関わらず、ご参加いただけます。


【日程&会場】

東京 
2017年7月9日(日)
楽器解体講座(90分) 13:00〜14:30
演奏講座(90分)   15:30〜17:00
※各講座終了後に質問タイム有り

スタジオ スクイント
〒160-0004
東京都新宿区四谷4-7小林ビル2F
アクセス

大阪
2017年7月17日(月・祝)
楽器解体講座(90分) 13:00〜14:30
演奏講座(90分)   15:30〜17:00
※各講座終了後に質問タイム有り

中崎町コモンカフェ
〒530-0015
大阪市北区中崎西1-1-6吉村ビルB1F
アクセス


【参加費】

  • 楽器解体講座(定員20名) 一般3,000円/学生2,000円
  • 身体から視るアコーディオン演奏講座
    受講(定員3名) 一般3,500円/学生2,500円
    聴講  一般2,000円/学生1,000円

アコーディオン演奏講座を受講の方は、そのまま同講座の聴講もしていただけますので、お申込時には受講のみ、ご選択ください。


【お問い合わせ】

じゃばら研究会
メール jabara.labo[a]gmail.com
※[a]を@に変えてください。