現代音楽の夜

a0006_000401.jpg

今夜18時から、デュッセルドルフのRobert Schumann音楽大学で、「現代音楽の夜」というマラソンコンサートが開かれます。
今年は、日独交流150周年!ということで、色々日本に関係する企画が多いのですが、この「現代音楽の夜」でも沢山の邦人作品が演奏されるようです。
タイトルに「夜」と付くからには、22時や23時には終わりません。器楽曲の演奏は夜中の1時半まで、その後はジャズセッション・エレクトロニック音楽が続き一体何時に終わるのか・・・・。
私も以前このコンサートでアコーディオンソロとデュオ曲を弾かせていただきましたが、出演時間はたしか22時ごろだったような・・・。

さて、今私が迷っているのは何時に聴きにいこうか・・・ということ。
18時から面白そうな演目が並んでいるのですが、23時15分からは我が師・御喜美江先生が、細川俊夫作曲「voyage」~アコーディオンとアンサンブルのための~を演奏するので、これを聴き逃すわけにはいかない!

けれど、あんまり早く行くと体力がもたない。
現代音楽は聴く方もかなりの集中力が必要です。
早く行き過ぎて、演奏中に寝てしまっては元も子もありません。

と、いうわけで今からお昼寝です。

長い夜になりそうだなぁ・・・。

コンサート詳細→Nacht der Neuen Musik(ドイツ語)

コメント


認証コード1936

コメントは管理者の承認後に表示されます。