アコーディオン特別講座

来年の初仕事は、奈良教育大学でのアコーディオン特別講座です。
作曲家グループcueのメンバーのおひとり、北條美香代さんからのご依頼で、将来音楽の先生を目指す学生さんたちに、
アコーディオンの紹介をする予定です。
講座は2回あり、1回目は簡単な楽器の紹介・音の出る仕組みなど。それとミニコンサートもする予定です。
2回目はワークショップ形式で、実際に小学校にあるようなアコーディオンを使って体験してもらう予定。

私自身はアコーディオンが身近にあった人間なので、初めての人がどういうことに興味を持つのか、知りたいことが何なのか、高校で音楽教師をしている友人にアドバイスを貰ったり、アコーディオン音楽を紹介するため音源を集めたりと、準備しています。
2回(90分×2)しかないので、伝えられることは限られていますが、将来の先生たちが少しでもアコーディオンという楽器に魅力を感じてもらえるような、そんな講座にしたいな・・・と。あと、「私が学生だったら」という目線を忘れずに・・ですね。

明後日からは、東京です。大荷物での移動も今年最後!

コメント

  • 奈良教育大

    3年前でしたか、ご友人の太田智美さんが奈良教育大でコンサートをされ、知人3名で見学に行きました。現代音楽は分りませんでしたが(笑) 奈良でのアコ講座、嬉しい限りです。 松原智美奈良教室へ来て頂けたらいいですね。


  • Re: 奈良教育大

    >>1
    大田智美さんのコンサートは、確か私の帰国前でしたね。聴きに行けなくて残念だったことを覚えています。
    学生さんたちが、アコーディオンを習いたいと思ってくれるかどうかは、???ですが興味を持ってくれるといいなぁと思っています。


  • 嬉しいお話です

    奈良教育大学のシラバスを見ました。どの講座で実現されるのか分かりませんでしたが、北條美香代さんからのお声掛かりとは大変嬉しいお話ですね。北條先生は芸大の学部時代に安宅賞を受けられたそうですが、2年前にトリフォニーで聞かせて頂いた北條先生の作品「かぎろひ~アコーディオンとチェロのための~」を聞きながら書いています。今日は、その前にやはり北條先生の「瀲艶(れんえん)~アコーディオン・ソロのための~」を聞きました。何れも太田智美さんが発表して下さったCDですが、このご縁がルーツでしょうか。嬉しいですね、頑張って下さい。

    ところで「小学校にあるようなアコーディオン」というのは合奏用の右手だけのa=440ですか? せめてスタンダード・ベース付きa=442でやって欲しいと言ったら怒られるかなぁ・・・。
    別件ながら、東京はこのところお天気も悪く寒いです。お体に気を付けて下さい。それでは、石橋メモリアルホールで皆さんにお目にかかれるのを楽しみに。


  • Re: 嬉しいお話です

    >>たしろさま
    北条さんには2年前のコンサートから、ありがたくも毎年、色々お声がけいただいています。
    瀲艶は、私はまだ演奏したことがないのですが、それ以外の北條さんの作品は私たちどちらも演奏していて、それがとても刺激になっています。
    小学校にあるようなアコーディオン…もしかしたら左手が少しある楽器もあるかもしれませんが、時間が限られているので難しいかもしれませんね。
    22日、お会いできるのを楽しみにしております!



認証コード9556

コメントは管理者の承認後に表示されます。